月別アーカイブ: 2014年7月

キャッシングの審査について

キャッシングの審査は、何のために行われるのでしょうか。それは、申し込んだ人に返済能力があるかどうかを見るためで、収入や他社からの借入のあるなしや、信用情報がチェックの対象となります。
個人が50万円までを借り入れる場合は、無担保及び無保証が基本ですので、返済能力を見るために、必ずこの信用情報のチェックが行われます。この信用情報に事故情報、いわゆるブラックリストがある場合は、キャッシング審査に通るのは難しくなります。事故情報は主に、他からの借入の返済や、クレジットカードの支払の延滞によるもので、3か月間延滞が続くと記録されます。一旦記録されると、5年間はそのままです。それ以外に、債務整理でも5年から7年ほどの間、事故情報が記録され、もちろんこの場合も借入やカードの申込は不可能です。
それから、消費者金融でキャッシングを行う場合には、総量規制があります。これは借りすぎを防ぐために、年収の3分の1以上の金額を借り入れることができないシステムです。もし他の消費者金融からもキャッシングを行っている場合は、金額によっては、新規の借入ができないこともあります。
また、定収入もあり、他からの借入もないのに審査に落ちることもあります。これは、1度に多くの会社に申し込んだことが原因で、申込ブラックといわれます。1度に5社も6社も申し込むと、返済能力に疑問を持たれ、通らない可能性が高くなりますので、新規にキャッシングやローンを申し込む場合は、せめて1度に3社程度にとどめましょう。