銀行系キャッシングのデメリットは審査が厳しい事

銀行系のキャッシングは消費者金融などのキャッシングに比べてかなり良好なサービスを持っています。
法律に縛られずにいくらでも借りることはできますし、さらには金利の方も消費者金融よりかなり安いという特徴を持っているのです。

しかし、銀行系のキャッシングはその反面デメリットもあります。
というのは、銀行系のキャッシングの審査はかなり厳しいのです。
それなりの収入があることはもちろんですが、パートやアルバイターなどはまず確実に審査に通るのが厳しいと見るべきでしょう。
正規雇用であることが一番望ましくなるのです。

また、その他にも今の正規雇用で雇ってもらっている会社への勤続年数やその地域への居住年数も検討対象となるのです。
これだけでなく、他社からの借り入れや過去に借金をしたことがあるかどうかも厳しく問われるでしょう。
また、こういった厳しい審査をしているからこそ、実際に借入が出来るようになるのも結構遅めなのもデメリットのうちの一つです。

このように、銀行系のキャッシングは良質なサービスを備えている魅力的なものなのですが、審査が厳しいという大きなデメリットを持っているのです。
特にパートやアルバイターなどの非正規雇用の人は銀行系のキャッシングを借りるのは難しく、逆に正規雇用の人も居住年数などが安定していなければ貸し出してくれないかもしれないのです。
かなり安定した収入と安定した生活環境のある人しか銀行系は快く貸してくれないでしょう。